第88回「やっぱり取留めのない話」

再び取留めのない話を繰り広げました。おじさん気味な二人の飾り気ない話を最後まで聞いてくれる物好きなリスナーが果たしてどれだけ居るのか、というチャレンジでもあります。

番組後半では突然思いついた新企画について、みなさんに重要なアンケートを投げかけています。是非、

  1. 聞きたい
  2. 聞きたくない
  3. どうでもいい

以上から一つ選んでおこたえください。

ということで今回の内容です。

  1. 病気とまぶたと筋肉の話
  2. でぶとぽっちゃりの境界線
  3. ライザップ
  4. 日課力
  5. 新企画『オ●●●●』
  6. アメフト
  7. レビューありがとうございます

それでは今回もよろしくお願いします。

Play

第57回「勝オ『DOCUMENTARY OF AKB48』」

正式なタイトルは、『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』です。

オマニエルクルーの二人は、この映画を見るその日まで「AKB48」というアイドルグループ、いや現象に対し、大した興味を持たずに生きてきました。

あらゆるマスメディアから毎日のように聞かされる楽曲、一斉に注目を浴びる選抜総選挙、選抜じゃんけん大会、定期的に起こる恋愛騒動、次世代による下克上、ライムスター宇多丸氏を始めとする多くの批評家の言葉、我々の生活に嫌でも浸透しようとするAKB48という現象は、果たして一体何なんでしょうか。
秋元康という天才的プロデューサーによる大掛かりなエンターテイメント劇場とも言えますが、よくよく考えてみればただの年頃の女の子たちの集団です。彼女たちが普段何を思ってAKBにしがみつくのか、何になりたいのか。

気にはなっていたんです。僕たちは彼女たちのことをどれくらい理解することができるんだろう。

しゅんは言いました。「劇場って思ったより広いね」

僕たちなりのAKB48への解釈、是非ご視聴下さい。

Play

第42回「入院と桐島の話」

今回は、生まれて初めて「入院」を経験したしゅんによるちょっと恥ずかしいエピソードで始まります。
そして、DVDがリリースされたばかりで去年非常に話題になった「桐島、部活やめるってよ」について、お互い学生時代に感じてた気持ちを軸に、客観的に見ることがどうしても難しいなと感じつつ、思いの丈を勝手な切り口で話します。
橋本愛ちゃん、とてもいいですね。

Play